日々のつれづれ


by leezzz2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

日食グラス買ったよ

b0189200_21161451.jpg7月22日の水曜日は皆既日食。
東京では最大75%までしか欠けないけれど観察してみたいので買った。
無くなってしまうと困ると思い、6月末には注文していたのだ、1500円也(^^;)ゞ
昔、ガラスに墨を塗ったものを使って見たことがあるけれど、赤外線や紫外線は通るので眼には良くないらしい。

皆既日食は1年の間では世界中のどこかの国では見られることなので珍しいことはないけれど、今年の中で7月22日の皆既日食が一番長い時間、約6分も隠れているらしい。
だからとにかく見なければっ!
娘の中学のお友達は皆既日食を見るために屋久島だかに行くらしい・・・いいな。

7月22日・・・天気が悪かったらせっかく買った日食グラスは活躍できない。
次に活躍するのは2012年5月21日の金環日食!
太平洋側で観察することができるので、天体好きのマイミクさんが東京まで来ると言っていたっけ。

とりあえず22日は晴れますように(祈)
[PR]
Commented by pon2 at 2009-07-18 06:47 x
しまったしまった。買うのわすれてた~~。いまさら売ってないよ。
Commented by leezzz2 at 2009-07-18 08:30
>pon2さん。
本当だ~売り切れてますね。

娘の学校では学校の夏期講習に参加しない人は日食観察講座に出るようにといわれているの。
娘はちょうど夏期講習日程なので参加は無理なのだけれど、そのテキストの観察方法によると・・・

①ピンホールで太陽をうつす。
カードに画鋲で小さな穴を開けて、影を地面や壁にあててピンホールを通った太陽をうつしてみる。
②地面に映る木漏れ日の形を見る
地面の映る木の枝葉の影をみると、それがピンホールと同じ原理で投影されていることがある。
③鏡を利用してみる
鏡を使って反射させた太陽光を壁になどに映すと日食の形を観察できる。
小さめの鏡でないと、壁までの距離が必要になるので注意。

・・・とあったよ。
もし日食グラスが購入できなかったときはお試しあれ^^
by leezzz2 | 2009-07-15 21:29 | 生き物・自然 | Comments(2)