日々のつれづれ


by leezzz2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

メバルの耳石&鯛のタイ

b0189200_16504121.jpg昨夜、メバルの煮つけを食べました。

小さな身なので、1人2匹で計4匹・・・ということは耳石は4対取れます。
メバルの身は小さいけれど、耳石は身のわりには大きかったので、簡単に取ることができました。

b0189200_16542530.jpg耳石は魚の履歴書と言われているように、耳石を4対バラバラにしても必ず対のものをみつけることができます。。
一つとして同じ形がないのが耳石。
耳石のすごさはこちら

耳石を大きく撮ってみても、残念ながら私には何もわかりません・・・
年齢とかがわかったら、どんなに楽しいでしょうね。

b0189200_1657687.jpg


それから昨日は鯛のタイにも挑戦っ!

以前、森のどんぐり屋さんのブログに「カサゴの鯛のタイ」がアップしており、私は(かっくい~!)と。
それをプレゼントしてくれました。
b0189200_172428.jpg
それがこれ→
鶏冠のような、インディアンの羽のような、モヒカン頭のような・・・ねっ。
この鯛のタイの取り方にはついては教えてもらっていたのですが・・・私ってこういうことに関しては不器用なんですかね。
4匹=4対=8個取れるはずが・・・(^^;)ゞ
たったの1個。
ぬるいお湯に台所洗剤の薄めた中に一晩つけ、皮ごと歯ブラシでこそげ落とす段階で破損、破損、破損・・・で、たったの1個になってしまいました。

だからカサゴの鯛のタイをこんなにきれいに取った森のどんぐり屋さんを尊敬しちゃいました。

b0189200_17143063.jpg
唯一取れた、メバルの鯛のタイです。
私もいつか、かっくいい鯛のタイを取ることができるのでしょうか・・・でも不器用さは一生、いやもう直らないと思うけど、また挑戦してみます!

鯛の鯛とは硬骨魚の肩帯の骨の一部であり、肩甲骨と烏口骨が繋がった状態のもの。
鯛の鯛において目の役目をする肩甲骨の穴は、胸鰭に繋がる神経が通っていた穴。胸鰭をよく動かす魚ほど烏口骨が大きくなり、逆にコバンザメのようにあまり鰭を使わない魚では小さい。また、ウツボのように胸鰭がほとんど使われない魚では、鯛の鯛は取れない。
<Wikipediaより抜粋>

[PR]
Commented by 森のどんぐり屋 at 2010-05-24 15:28 x
カサゴ以外の魚で、これを作った(採ったことがないんですよね~)以前に鯛の採られた方がいて、私はその先輩を尊敬しています(笑)

とにかく、何日も気長にぬるま湯と洗剤所中に漬けておき、身が府や府屋になって自然にはがれてくるくらいまで我慢するのが肝心かと思います。
一晩ではダメ!

私もうっかり壊して、瞬間接着剤でこっそりくっつけてることありますよ(汗)
Commented by leezzz2 at 2010-05-24 21:44
>森のどんぐり屋さん。
ええええっ!
そうなんですかぁっ!?
我慢が必要なんですね・・・でも目の前にあるとどうしても取りたくなるぅ~~
次は辛抱してみます(^^;)

他の魚でも挑戦してみますね!
Commented by 森のどんぐり屋 at 2010-05-25 09:45 x
あのそれからですねえ・・・
歯ブラシは、これ専用に柔らかめのものを買ってください(歯槽膿漏のヒトが使うみたいなの)
それと、歯ブラシだけでなく、爪楊枝などもご利用を。
決して無理をせず、撮れにくい所があったら、ふたたびぬるいお湯につけて半日ほど置いておくと、取れるようになります。

寛容と忍耐の精神です!!

鯛のタイ取りは、精神修養になるかもです(爆)
Commented by leezzz at 2010-05-25 21:14 x
>森のどんぐり屋さん。
あ。やっぱり・・・
歯ブラシが固めだったかなと思ったんですよね・・・やっぱりそうでしたか。
私、すっごく無理していたかもしれません・・・
次回は気をつけま~す!
ありがとうございます。
by leezzz2 | 2010-05-23 17:18 | 生き物・自然 | Comments(4)