日々のつれづれ


by leezzz2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

東雲(しののめ)?

父が撮った写真です。
b0189200_20302367.jpg

私の実家でこんなに星が見えていたなんて・・・とてもびっくり。
河川敷まで行って撮影したらしいです。

星の写真というと、よくカメラのシャッターを開けっ放しにして撮るとかって聞きますよね。
そうすると円の弧を描くように星が写ります。
でもこれってフィルムの時代の話らしいです。

実はこの写真はその星の線を作る一枚になります。
デジカメでは30秒ごとにシャッターを切ったものを40枚作り、それを加工して、円の弧を描くような星の写真にするそうです。
加工するのはPhotoshopでできるそうですが、父の場合、Photoshopを持っているのに「難しくてできない・・・」と写真屋さん頼み。
宝の持ち腐れ~(^^:)

昨日は父の星の写真に私も娘も目を引かれ、
「こんな空を東雲っていうのかな?」と私が言ったら、「オレもある~!」と娘。

b0189200_20374575.jpgこちらは娘が登校の際、最寄り駅のホームで写した東雲?
曙っぽいけどね。

毎朝5時45分出なので、駅からこんな風景が見えるんでしょうね。
冬至はもうすぐだっ!
ガンバレ、娘っ!
[PR]
Commented by 森のどんぐり屋 at 2010-12-08 09:53 x
私は、弧を描いているよりも、こうした単体(?)に星のほうが断然好きです。
弧を描かれると、まるで知らない空のようで、星に(星座に)親しみを感じられなくなってしまうのです。

ご実家の空、たくさんの星が見えて、いいですねえ~
Commented by leezzz2 at 2010-12-08 21:54
>森のどんぐり屋さん。
こんばんは。
この位たくさん見えるのだったら単体もいいかもしれませんね。
星が多すぎると弧を描いているものは、あまりきれいに見えなかったです。
ちなみに私は実家でこんな星空は見たことないんですよー
by leezzz2 | 2010-12-06 20:46 | 生き物・自然 | Comments(2)